動物内視鏡センター
06-6846-2040

動物病院 大阪 / 犬 猫 ペットの内視鏡(胸腔鏡、腹腔鏡) 避妊手術ならルカ動物医療センターへ

トップページ病院案内スタッフ紹介交通アクセスお問い合わせ
ルカブログ日本獣医内視鏡外科研究会腹腔鏡での避妊手術に関するアンケート調査
 
mobile site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

手術・入院

トップページ»  手術・入院

手術

手術大切な動物たちの健康を守り、命を助けるため手術を受ける際のご家族の皆様のご不安なお気持ちは、計り知ることが出来ない大きなものです。

 
  • 手術のための麻酔
手術のための麻酔

当センターでは、高性能麻酔機器を導入し、100g〜60kg以上ある動物まで安全に麻酔を行うことに努めています。必ず、手術中は麻酔を管理するスタッフを常時配置し、細心の注意を払った麻酔管理、最新の麻酔技術を習得、より安全で動物たちの身体に負担の少ない麻酔に取り組んでいます。

 
  • 手術の流れ
手術の流れ

まず、血液検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査などの術前検査を行い麻酔のリスク分類を行います。そして、診療をさせて頂く中で、動物の状態、治療の選択肢、メリットとデメリット、起こり得る合併症、予後、入院期間、費用などについてインフォームドコンセントを行い、最善の治療をご家族の皆様と共に考えます。手術は、基本的に完全予約制です。12時間の絶食絶飲が必要であり、6時間以上の絶飲をお願いしています。

 
  • 手術実績

日夜、様々な外科手術をさせて頂き、年間700例以上の手術実績があります。

  • 手術機器
手術機器

動物たちへの医療は日々進歩し、様々な高性能な医療機器が用いられるようになりました。当センターでは、最新の医療機器を数多く導入しています。
術前にCTを撮影することによって3D画像を構築し、手術ナビゲーションとしてより安全な手術を行うことが可能になりました。また、体内に糸を残さない手術、血管を傷つけることなく組織を切離することを可能にしたデバイス(装置)も完備しています。

 
  • 当センターの特徴
当センターの特徴

従来なら大きく切開して行わなければならない手術を数ミリの小さな傷で行う内視鏡手術を選択肢としてご提供しています。最善は何か?を常に考え動物たちに優しい医療をご提供いたします。今までは見えなかった領域が内視鏡によって見えるようになり、診断能力を向上し、手術侵襲を最小限にすることが可能です。
同じ手術内容でも、豊かな経験持ち訓練されたスタッフ、高性能な医療機器を用いて、より安全、確実、速やかな手術を行っています。

 
↑

入院

入院

動物たちは、大切な家族の一員です。病気で苦しむ動物たちが入院することになり、いつも元気でいるはずの動物たちの姿が見えないことは、とても心配で辛いことです。私たちは、そのようなご家族のお気持ちを少しでも安心に変えて頂けるように動物たちをお預かりさせて頂きたいと考えています。

 
  • 入院の流れについて
入院の流れについて

入院による集中治療が最善と判断される場合、ご家族さまに動物の病状、治療方針、予測される入院日数、費用などのご説明をさせて頂き、同意を頂いたうえで入院して頂きます。
24時間入院や日中入院、通院などを組み合わせることにより、ご家族の皆様の生活やお気持ちのご負担を軽減し、何より動物たちの気持ちやストレスを考え、最善と思われる治療を共に話し合いながら進めて行きます。

 
  • 準備して頂くもの
準備して頂くもの

日頃に食べているフード、愛用している毛布、玩具などをご用意下さると動物も安心してくれると思います。しかし、食事につきましては、病気の内容にもよりますので病気に合わせた処方食を病院でご用意させて頂くことが多いと思います。動物保険に加入されている場合には、保険カードをご持参下さい。

 
  • 面会時間について

面会は、基本的に診察時間内にお願いいたします。

  • 入院中のご連絡について

必ず、入院中の動物の様態についてお伝えさせて頂きたいので、毎日一度でも二度でもご連絡を頂きますようお願いいたします。もちろん、ご来院して頂くことができれば幸いです。入院中の動物の様態、治療などに関して特別にお伝えしたい事項がございましたら、こちらからご連絡させて頂きます。しかしながら動物の様態、治療方針などに大きく変化が無い場合には、ご家族さまからのご連絡をお待ちしております。

  • 入院治療看護について

いつも清潔な環境を保つように心がけ、動物の様態に応じて、全身状態のチェック(身体一般検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査など必要に応じて)を行います。また、麻酔を掛けて検査や治療を行わなければならない場合には、ご家族さまにご連絡をさせて頂き、同意を頂いてから行います。

  • 入院設備について

集中的な治療を行わなければならないと判断される動物たちの入院室は、スタッフの最も目の届きやすい処置室からガラス張りで見通せる集中治療室です。 特にワンちゃんが怖い猫ちゃんにおきましては、別室にてお預かりさせて頂くことも出来ます。特に超大型犬につきましては、大型犬専用の入院室も完備しており(畳一条ほど)、空調につきましては室温を常に25°に設定し、酸素室、床保温設備も完備しています。

  • 入院費のお支払い

お支払い日を病院側が設定させて頂きますので、よろしくお願い致します。各種クレジットカードもご使用になれます。